So-net無料ブログ作成

英検1級試験合格マニュアル 田中 春子 [GIVE理論]

この極一握りの人にしか教えていない門外不出の【英検1級一発合格法】GIVE理論

英検1級試験合格マニュアル



•今まで費やしてきた費用、時間を無駄にする事も…
•自分自身の英語力に自信がなくなり落ち込むことも…
•英語関係の希望する企業に就職するのを諦めることも…
•海外旅行先で英語が通じ無くて恥をかくことも…
•仕事先で「知らない、分からない」といって恥をかくことも…
•仕事や昇進で冷笑されることも…
なくなります。

しかも、英検1級に合格し資格を持つ。と言う事は…


例えば…

公立学校 英語教員採用試験の1次試験が免除。
通訳ガイド国家試験の1次英語筆記試験の免除。
つまり、英語通訳案内業免許も半自動的に付随してくる。
通訳案内士や、英語教師にもなる事が出来る。
TOEICに代わる英語力証明として採用する企業が増加しているため、英語関係の就職に圧倒的に有利。
英語力判定資格として採用する海外の大学や大学院が増えている。
つまり、大手企業への就職や海外留学が他の人よりも有利になる。
しかも、英検1級に合格出来る英語力が身につけば、TOEIC900点以上も、
模擬問題をパラパラとめくって試験形式を把握する程度で狙えるのです。

何故ならば、TOEICに求められるのは情報を処理するスピードですから、
英文の内容は、英検1級に求められる程難解なものでは無いのです。

要するに、英検1級に合格出来るならば、TOEICに必要な情報処理スピードも
身についているため、自動的に900点以上、更には、990点(満点)獲得も
十分可能になるのです。

このように、“GIVE理論”を実践すると、上記のような恩恵を受けることが
出来るようになり、


つまり、羨望の眼差しで見ている側から、見られる側の存在になれるのです。


これらは、英検1級に合格できた後に得られる恩恵の、ほんの一部です。

英検1級試験合格マニュアル

英検1級試験合格マニュアル

英検1級試験合格マニュアル

わたしが大学の仕事や他のプロジェクト、書籍の執筆等で 多忙のため、
この人に教えて差し上げたい!と思った、至極限られた人にしか教えていない為、
これだけの合格者の方しかご紹介する事が出来ません。

わたしにもっと時間があり、もっと多くの方たちに教えることが出来ていたら…
と思うと、正直に申し上げて残念です。


本来であれば、貴方に信じて貰う為には、この方法を使って、
「○○○人が合格した!」、「こんなに高い合格率を出している!」という、
信頼性が高まる数字を、バンバン宣伝した方が良いのかもしれません。

「こんなに英語が出来なかった人が、英検1級に合格しましたよ★」
と感情を煽るために、嘘か本当か分からないような数字や、お客様の声を
掲載するのが良いのかもしれません。
英会話教材
しかし、ご存知のとおり、英検1級の試験は合格率7.8%(2008年現在)という、
とても、とても、難易度の高い試験です。

ですから、いくら実績のある、効果の高い勉強法だと言っても、
これを手にした人が絶対に合格出来る。と言う事はあり得ません。

英検1級試験合格マニュアル

GIVE理論

わたしが今まで合格へ導いて来た受講生の方々は、
“明確な目標”を持ち、“英語を磨きたいという向上心”を持った人たちばかりです。
英語勉強方法
そして、英検1級の資格を取ったあとは、通訳やガイド、翻訳家のプロになった方や、
一流企業に就職し第一線で活躍している方等、挙げたらキリが御座いませんが、
熱い情熱を持った人たちに教えてきました。


ですから、単に
『 就職に有利だから 』、『 あの頃の努力を無駄にしたくない 』という
安易な考えから試験を受けるような方は、基本的にいらっしゃいません。

しかし、英語が好きな方に限って言えば、どんな方であっても例外です。

実際におられるのですが、
「 誰かを見返すために 」とか、「 自分にけじめを付けるために 」という、
悪い癖を持った方がいらっしゃいます。

しかし、その考え そのものが 非常に危険な思考であり、合格出来ない原因です。

周りに凄いと思われたい、カッコイイと思われたい、等という
他人の目を気にした、自分をアピールする為だけに 英検1級を受ける。
そのような心ですから、当然合格出来ません。

つまり、周りの評価を気にした目的、就職難だから…という恐怖心からの目的では、
何度、試験を受けても合格出来ない可能性が高い。と言う事なのです。

そのような理由もあり、多忙な時間の隙間時間を使い、睡眠時間を削りながら、
人生の貴重な時間を使って、極一握りの人にだけ教えてきたのです。

GIVE理論

この極一握りの人にしか教えていない門外不出の【英検1級一発合格法】GIVE理論

この極一握りの人にしか教えていない門外不出の【英検1級一発合格法】GIVE理論

ですから、“明確な目標”をお持ちの方や、“向上心が強く意識の高い方”、
既に、英検準一級・TOEIC730点以上のレベルの方には、本講座を選択枠の一つとして
入れて頂ければと思います。

勿論「目標もやる気もある。でも、いくら勉強しても1級レベルに届かない。」
と言う方も、どうぞご安心下さい。

と言いますのも、この「英検1級一発合格法“GIVE理論”」は、
1日90分間勉強する時間があれば、自然に 1級レベルの英語力が身に付くばかりか、
ネイティブ並みになれるのです。

ただし、前述したように、現在、英検2級以下の方は正直に申し上げて、合格までのハードルは
非常に高いです。
ですから、その場合は、貴方のレベルをこちらで完全に把握する必要があります。


>>更に詳しい内容はこちらから





共通テーマ:資格・学び
ドイツ語学習方法 フランス語文法 中国語学習法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。